3B パサート エアバッグ点灯

エアバッグ点灯のためテスター診断すると助手席サイドエアバッグクラッシュセンサーのエラー。
パーツは床についているのでシートを外し、カーペットを捲るとまさかの水没。


左リヤドアのパネルからの水漏れを確認。

パネルを外して古いシールを綺麗にしてブチルゴムにて取り付け後シャワーテストで水漏れしない事を確認してこちらは完了。

問題のセンサー、国内中古部品がなく正規品は少々お高いので部品番号から探してセカイモンより購入してみることに。


しかし何故か警告灯がキャンセルできず、故障コードも変わり

こんなコード。
調べるとどうも部品が違うという事らしい。
パーツリストで調べるとなんと品番が2種類あり、9桁はあっているがその後にもう4桁つく部品があるようでした。
結局正規に購入して交換後は無事にキャンセルできエアバッグは正常復帰となりました。
部品の特定は難しいと痛感、余計な出費をしてしまったが、勉強代という事ですね。

W211 点検

業者さんの納車前点検。
8万キロ走行の車両でしたが、見た目のオイル漏れなどは無くいい状態かと思いましたがウィークポイントのカムアジャスターの配線に漏れ有りのため交換しました。

やり難いほう

ハーネスとセットで
距離を考えてATF、ストレーナーも交換。

マグネットもお掃除

規定油温にてレベル調整して

ドリンクホルダーが動かないのはスプリングの引っ掛かり部位の破損のため、新品交換となりました。

風がでない

ブロアファン不動で入庫のE11 ノート。
ヒューズなどのは問題なし。
各部点検していきますが、モーターの点検は
最近の国産車は意外と大変で諸々外して電源、単体テストはこちらも問題なし。

不良の場合はダッシュ下ろしになるので一安心です。
あとは、パワーユニットの点検。
ブロアレジスターですね。

修理書で確認し電源、波形など問題がないことからユニットの交換。

で修理完了です。
バレオでチャイナ、不具合多そうですね。

ステアリング異音

アルファードステアリング異音での入庫。
左右に切ると異音がします。
ステアリングシャフトの不良で今回のような音が出る事が多いですが今回は、高額部品のステアリングコラムの交換になりました。


今回は品番変更があるシャフトも同時に交換しました。

ステアリングロックのボルトは簡単に緩んで一安心。

ホンダ フィット 冷えがイマイチ

点検で入庫のフィット。
エアコンの冷えがイマイチという事でガス量のチェック。
マシーンを接続して

規定量

ガス量は100gほど少ない

規定量充填後はいい温度に。

蛍光剤も入れましたので今後の漏れ点検にもいいですね。
ホイールシリンダーも錆びがでていたので磨いてブーツキットの交換。


エア抜きして完了です。