オデッセイ オイル漏れ

右デフサイドシールからの漏れ。

ドライブシャフトを抜くのでバラしていきます。
タイロットエンド

アッパージョイント

こんな道具があると簡単かつプーツも傷めず分離できます。

今回はすんなり抜けたスプライン。
組み付け時は、清掃してグリスを塗っておきます。
シール交換して、組んで試運転して完了。
バッテリー上がりの車両を引き取り


交換するバッテリーは充電してから取り付けます。

ダイハツ タント ブーツ交換

タイロットエンド、ロアボールジョイントのブーツ交換。


ガタが出る前にプーツのみ交換するといいと思います。

この状態になるまでが大変。
今回もスプラインが固着していて時間がかかりました。
プラグも交換。

ネジ部には何時もの塗って

コイルにもシュッとしておきます。

ハイエース ディーゼル 車検

入庫時にまず気になったのが燃料関係っぽい警告灯。

随分前から点いていたようです。
どうもフューエルフィルターの交換が必要だということみたい。
お初作業のため、調べてからの作業。

外したフィルターは真っ黒。
交換後はリセットして警告灯は消灯。

その他はライニング交換

デフ、ATFの交換

最後の最後でのオイル漏れは

ブロックのメクラから。
他車種でセンサーでも付くのでしょうね。
このメクラを交換して完了。

ジューク CVT交換など

業者さんの保証により、CVTリビルト載せ替え。
Dさんの診断によるもの。
エンジンチェック点灯の原因がCVTでその原因箇所が内部センサーの故障ということ。


バンパーやらラジエターやらたどり着く道のりは長い。

本来は、コンデンサーも外す指示ですが今回は横にずらし
ドライブプレートの取り付けがナット止めのため、取外し、取り付けは意外と大変です。
セルモーターの取り付け部からのアクセスもやりずらい。


作業完了後は学習値のリセット、キャリブレーションの消去、再読み込みなどして終了。
ステアリング異音のティーダは、ステアリングシャフトの交換。

イグニッションオンで電動ファンが最大で回り止まらないMPVは、ファンユニット交換で完治。

暖かくなってきました。

エンジン不調で入庫のファンカーゴ。
2番イグニッションコイルの不調のため
不良箇所のみ交換。
プラグは4本交換。

走行中の異音については、左リヤハブベアリングの不良。

ゴリゴリでした。
プラグ交換のフリードはカウルパネル脱着で手間がかかる。


同時にクーラントを交換すれば冷却ラインも洗浄できますね。

中古車購入後、初車検のオッティ。
フロントパット交換済みということでしたが、ローターの錆びが酷いです。
パットは面だししてローターは交換します。

裏側で見えないので交換しなかったのでしょう。
リヤハブキャップも穴が

残念な作業です。