今度はダイハツ



ここのところ軽自動車のタイミングベルト交換が続いています。
今回もウォーターポンプの交換とセットでの作業になりました。
この車両はすでに漏れ始めていましたので今回がベストなタイミングだったでしょう。
ウォーターポンプのケースがサーモスタットのハウジングとOリングのみで繋がっているので
漏れてなくてもやはり交換するのがいいでしょう。
10万選手はしっかりと予防も含めて修理したいですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント