オイル漏れ修理




前回車検時に指摘した部分の修理での入庫。
タペットカバーからのオイル漏れですが、外から見ると
ほとんど漏れてはいませんでしたがプラグホールの中が
オイルでびっしょり。
この手の漏れは、プラグの点検をしないと発見が遅れ、
エンジン不調などを引き起こしたりしますので、定期的な
点検が必要ですね。

フロントのブレーキも少々重かった為、キャリパーのO/Hと
ローターの研磨をしました。
キャリパーはきれいにあらい、ペーパーで磨き錆や汚れを
落とします。
最近はキャリパーのO/Hも以前に比べ減ってきましたが、
走行距離や年式でやっておきたい箇所です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント