アイドリングが高すぎる



アイドリングが2500から下がらないとフェアレディZが入庫。
このエンジンは配線の腐食や接触不良が多いということで
そのあたりも点検。
以前にも点検したのか、カプラーはボロボロで緑錆が出ていたので
接点復活剤をつけておきました。
アイドリングはスロットルセンサーが付かない方のバタフライをあけてしまい
アクセルを踏んだ状態になっていました。
左右のバタフライの動きが同じになるように調整し、AACバルブ、スロットル
の清掃をしましたが、今度は600~800回転でふれてしまいます。
AACバルブの開きをテスターで確認すると回転が下がると開いて回転を
あげようとしているようなので、AACバルブではなくほかの場所で回転を
さげてしまっているようですが、今回はここまで。
あまりお金がかからないようにということで診断内容を伝え修理を終えました。
スロットルセンサーの動きには問題が無いようなので、後はエアバルブあたりが
あやしいのでは。
それにしてもこのエンジン、修理がやりにくい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント