V70 エアコン修理



前回の続きになりますが、ドライブシャフトの修理をした
車両、エアコンのガス漏れもあり今回まとめての修理になりました。
漏れ箇所は、高圧ホースと低圧パイプのジョイント部分。
最近は新車時に、蛍光剤が入っている事が多いので手間も省けます。
今回、初めての作業でしたが、レシーバーの交換にはコンデンサーの
脱着が必要でした。
だが、その作業は思いの外簡単に脱着できました。
作業後は真空引き、ガス充填後は石けん水にて漏れ確認をして
作業は終了。
ボルボは特殊ですね、配管のOリングが一カ所に大小二個。
いかにも漏れそうな作りです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント