モヤっとした出来事






今回業者さんから、室内が水浸しになってしまい
ディーラーさんに点検をお願いしたところ、エアコン排水
ドレンが詰まっているのでは?ということで当社に入庫してきました。
車両は16年登録のゼロクラウンで走行6000キロ。
これでも保障は効かないらしく、エアコン関連は3年までということでした。
当社でも確認すると、間違いなく排水ドレンがあるであろう部分より
水が助手席の方に流れていました。
ドレン部分がどうなっているのか?なぜ排水が室内に?
考えていてもしょうがないのGOサインが出ましたのでヒーターユニットの
脱着作業にはいりました。
室内はばらばら、問題のドレンを確認すると、、、。
私の個人的意見ですが、これは組み付けミスでは思われる損傷と
室内のゴムカバーのかみこみなど問題がわかりました。
新品の部品を確認すると、ドレン部分は僅かに5ミリ程度の突起になって
いるだけとなんとも作りの悪さを感じました。
組み付け完了し、排水のチェックをすると問題なく室外に排水できるように
なりました。
今回の作業で各方面に色々と確認したりしましたが、この車両では多いトラブル
らしいです。配管の詰まりや今回同様ゴムのカバーのかみこみなど。
ゼロクラウンのオーナーさんは覚悟と注意が必要ですね。
それにしても納得がいかないモヤっとする結果になってしまいました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント