めずらしい LP車



今回、トヨタのダイナのLP車の車検。
エンジンは良くあるクラウンコンフォートと同じ。
はじめにエンジンの調子がいまいちだったのでプラグの点検を
しようと思い、エンジンルームを見るとプラグコードは抜けかかり
オイルでぐっしょりの状態。
プラグの締め付けは甘く、オイルまみれ、プラグホールとなる
アルミの筒はプラグ挿入部分がつぶれてかみこんだ状態でした。
今までタクシーのメンテナンスで、ここまでひどい状態はなかったと思います。
走行も20万キロ強ということもあり、点火系は一新、ハブグリス交換
などと共に最近の車検での点検項目であるシートベルトの警告灯修理。
今回は配線の断線だったので、キャッチ部分を分解しハンダで処理をしました。
通すだけの車検、後々大出費に繋がると思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント