FC2ブログ

チェロキー エアコンその他修理




毎日暑い日が続きます。
今回もエアコンが冷えないということで入庫。
エアコンの点検に入ると冷却水の量が少ないに気づき、
ラジエターに補充してエンジン始動すると、アッパーホースから
水が噴出してきました。
エアコンの前にまずはアッパーホースの交換。
本題のエアコンの方はゲージではガス量、圧力と特に問題が
ないように見えました。
ガスの流れが多少悪いようなのでオリフィスとレシーバーの交換を
と思いましたが、予算の都合でオリフィスのみ交換になりました。
通常はオリフィスだけの部品設定がありますが、この車両はパイプごと
交換になります。
外したオリフィスには鉄粉がひとかけら付いていてコンプレッサーの
寿命も近いと思います。
修理後は噴出し口で10度と冷えを取り戻しました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント