1JZ-GEクラウン エンジン不調



たまにエンストするということで入庫した30万キロオーバーの
クラウンのタクシー。
特にエンジン不調はないのですが、まずは故障コードのチェック。
故障はO2センサーのヒーター、VVTの異常のコードが入力されていたので
プリントアウト後消去して、再度チェックするとO2センサーだけの入力に
変わりました。
あれこれとデーターを見たりしてセンサーの交換が必要かなと思い後日
また入庫ということでさあ帰るというときに急にエンジン回転が上昇し
不調になったため再度チェックするとまたVVTの異常コードが入力されて
いたため、点検の為そのままお預かりとなりました。
まずは資料集め、タイミング位置の点検。
VVTのつまりを見るためにフィルターの点検をしましたが異常なし。
コントロールバルブの単体点検をしましたが、少し動きが鈍いというか
開きが少ないようなので交換することになりました。
交換後、今度はエンジン始動不能になってしまいました。
古いものに付け替えても変化なし。
ここから苦悩が始まりました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント