スバル 警告灯



軽のサンバートラックがエンジン警告灯点灯で入庫。
エンジン始動1分後ぐらいで転倒してしまいます。
スバルは足元のコネクターの接続でダイアグが点検できます。
早速調べると、水温センサー、ノックセンサーが入力されていました。
まずは消去して再度警告灯点灯後調べるとノックセンサーのみ入力。
ここでノックセンサーの点検ですがエンジンの真ん中に位置する為
ダイナモ、A/Cコンプレッサーをずらしての作業になります。
センサー単体の点検は抵抗なしということでセンサーの交換になりました。
交換後は、警告灯の点灯もなくなり修理完了。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント