VWポロ エアコンガス漏れ




毎年シーズンになるとガスを補充していましたが
今年は、修理を決断したようで当社に入庫していただきました。
まずは目視で漏れ箇所を確認していくと、コンプレッサー後方の
パイプジョイントが、かなりの汚れが付着していることと
エキパンも触ると、油っぽい感じ。
ガスと蛍光剤を注入して、一晩様子を見ましたが、発光はありませんでhした。
怪しい箇所のOリングを交換し、再度一晩置くこと翌日、
コンプレッサーに繋がる低圧のパイプの溶接部分から発光が確認できました。
パイプを交換し、十分な真空をかけ、充填。
最終点検で漏れがないことを確認して修理完了しました。
吹き出し口の温度も冷えひえになりました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント