FC2ブログ

ニッサン サニーのステアリング修理





ステアリングのがたつきのためHB11の古いサニーが入庫。
点検すると、ステアリングラックのシャフトのブッシュ?
ガイドのようなものが劣化の為なくなってしまい、
シャフトががたついていることがわかりました。
問題はここから。
古い車両の為調べるのに時間が掛かりましたが、どうも部品設定はなく
ラックケースについてくることが判りましたが、部品はなし。
リビルトも現物修理で直せるかは不明。
しかしこのお客さん、いろいろ研究してもの作りをしている方で
以前は無段変速機の研究、開発をしていたことがあります。

そして不良箇所の測定をしてご自分で図面からおこし、部品まで作ってしまいました。
すばらしい出来です。
きちんと抜け防止の3箇所の爪までぴったりです。

今回はお客さん自らの修理のような感じになりましたが、改めてこの方の
すごさを知りました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント