GS171 エンジン警告灯





エンジン警告灯が点灯し、走りが重たいということで
診断してみると、シフトソレノイドNO1の故障コードが
入っていました。
オイルパンを外し、ソレノイドを点検すると二つあるうちの
一つが抵抗に異常があり、作動不良の為交換になりました。
今回は、もう一つのソレノイドも同時交換してということなので
合計2個のソレノイドの交換、カプラーを慎重に外そうとしましたが
爪が折れてしまった為、こちらも交換しました。

あわせてミッションリヤのオイルシール交換を行い試運転も
問題ないので作業を終えました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント