ホンダ アクティバンの修理



走行中にオーバーヒートランプが点滅してエンジンも
調子が悪いので見てほしいという依頼と運転席の
キーシリンダーをいたずらされたのでこちらも同時に
見てほしいということでした。
オーバーヒートの確認の為、アイドリングでかけておく間に
キーシリンダーを外して修理可能か分解してみました。
シリンダーの方は、一番奥のキーがひっかるようなので
こちらの対処をして、無事に部品を交換することなく
修理完了。
オーバーヒートはアイドリングではなかなか症状が出ない為
走行テストに出かけると、10~15分程度走行すると
ランプが点滅し、このとき診断機での水温は115度を確認しましたが
信号待ちで止まっていると水温は下がりランプも消灯したため
すぐに工場に引き返し、点検に入りました。
結果は又後日アップします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント