後始末は大変

中古屋さんが、スロットルボディーを交換後、
エンジンがかからないということで入庫した
ダイハツ ハイゼット。
そもそもアイドリングが低いということで、スロットルの
ストッパーボルトをいじろうとして折ってしまったようです。
う~ん、こんな事をしてはいけませんね。
最近の車は調整は出来ません。
本題に入りますが、スロットルボディーを交換しただけなので
特にほかはいじっていないということで、もう一度確認のため
ダクトを外してみると、、、。


スロットルにクーラントが付着。


なんとスロットルボディーに着くはずのクーラントホースが
インマニについていました。
急いでスロットルボディを外すと、インマニにクーラントが
溜まっていたので急いで吸い取り、プラグを外して残りの
クーラントを排出して組み付けました。


ここに溜まっていました。

エンジンは無事に始動できましたが、マフラーにも廻ってしまっているので
しばらくレーシングしてモクモクがなくなって作業完了。
とりあえずエンジンにダメージがなくてよかったですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント