ML320 ブレーキ修理

車検で入庫のML320。
お客さんとも確認済みのフロントパット、ローター研磨の
作業中に発覚しました。
フロントの右キャリパーのピストンが固着してまったく
動きません。
何とか縮めたところ、今度は引きずりを起こしてしまいました。
やっぱりすっと縮まない場合は、こういった結果になってしまいますね。
急遽、フロントのキャリパーO/H。
今回のキットには、ピストンまで入っていました。


フロントは無事に終了。
今度はリヤ、サイドブレーキライニングの厚みが限界だったので
張替え、ドラム部分の研磨も行いました。
たまに剥がれや亀裂が入っている車両もあるので、
車検時はきちんと分解点検が必要です。
純正でもいいのですが、より安心の貼り付けにより対応しました。


ほかにもデフオイルなど交換して車検は完了。
キャリパー、パットを整備したので今までより
ブレーキタッチがソフトになったと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント