BMW E46 修理

ブレーキ異音、球切れ警告点灯、ABS警告点灯で見積もりでの入庫。
ホイールの隙間から、パット残量をみると、限界を超えて危険な
状態なので、即修理をおすすめして修理入庫となった車両です。
パットは前後共、限界ぎりぎりの状態でローターも減っていましたが、
今回は、研磨にて対応できました。


球切れ警告は、右リヤで基盤、カプラーなど点検するとカプラーの
アース線が接触不良だったのか、焼けて溶けていたので、カプラー、
アース線を発注すると対策なのか、カプラーを頼むと同時交換で
アース線2本交換ということでした。
不具合が多いのかも?というより相当な台数で同じ事が起きているのでしょう。



ABSは、診断の結果左前のセンサーかユニットか予算の都合で最終
判断までいきませんでしたが、今後再度入庫時につめていかなければ
いけませんね。
(小言)
最近のX431は、いただけません。
今回の診断でもソフトのバージョンが新しいものでは、うまくいかず、
古いバージョンを使っての診断と時間ばかりかかりました。
気になる機種があるので乗り換えも検討したいところです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント