ボールジョイントのブーツ交換

タイロッドエンドブーツなどが切れていて、車検に通らない、
破けたブーツから水分、ゴミが混入するのを避けるため
このブーツのみを交換する事が多々あります。
通常部品設定がない場合がほとんどですが、ジョイントにガタが
なければ国産のブーツをサイズ合わせで国産、輸入車でも対応しています。
国産車でも、このあたりのブーツ設定がない場合がありますがなんとか
あわせての作業で対応するようにしています。

破れ具合はこんな感じですね。





そこでこの部分を外すのが、時に固く専用工具を使って外すのですが
まれにねじ部分を痛めてしまい、ジョイントAssy交換になる事も、、、。
そこで最近使い始めたこちら


ジョイントにねじ込み、叩いて外すのですが気持ちいいぐらい外れます。
時にはヒートガンで暖めたりという事もありますが、破損率が下がりましたね。
やはりこういった工具が時間短縮、破損を防ぐには必要ですね。

こちらは社長決断の導入でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント