フォルクスワーゲン エアコン修理


エアコンが効かないという事で入庫。
最近のエアコンは、コンプレッサーに
マグネットクラッチを使っていないので
見た目でコンプレッサーが入っているかわかりません。
まずはゲージを繋いでガスが入っているかの確認を
するとガスはある程度はいっているようでした。
次はテスターにて故障コードの確認では特にフォルトはなし。
後はデーターを確認するのですが、数値が出てもその数値が
何をさしているのか、当社のテスターでは確認できないので
いつものディーラーに相談すると高圧のプレッシャーが高いので
その辺りを点検するようにアドバイスをもらい、確認すると
一目瞭然、センサーからのガス漏れか、カプラーが腐食していました。
今回は、高圧プレッシャーセンサーを交換し、カプラーの端子を清掃し
エアコンシステムが正常に復帰しました。
最後はガス圧、吹き出し温度を見ながら少しガスを補充して作業完了。
結局、テスターでデーターを見れてもその項目がわからないと何にも
ならないので、この辺りを改善してもらえると使えるテスターなんですが、、。
愚痴ってもしょうがないですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント