走行距離は少ないですが、、

走行3万キロ台の日産キューブの点検です。
まず最初に気づいたのが、左フロントブレーキキャリパーの
スライドピンの固着。


走行が少ないほどきちんとグリスアップしておかないと
固着し、パットの方減り、引きずりを招いてしまいます。
そしてまたまた発見!
左ブレーキキャリパーのピストンブーツ切れ。


なぜか今回は左に集中していますが、こちらも放っておくといずれ
水が浸入し、錆て固着し最悪キャリパーAssy交換と高額な修理に発展
してしまうので、今回はブーツキットにてO/Hしました。

そしてリヤ。
こちらはカップシリンダーの錆付きです。


錆をきれいに磨き、グリスを塗ってO/Hとなりました。
今回は、ブレーキメインの修理となりましたが、
最近の車検システムでは、金額重視なのかブレーキ関係の分解点検をしな
かったり目視点検のみで済ましてしまう事が多いように思います。
ちょっと見は立ち会いでも問題ないように思われがちですが、
その奥にこういった不具合が隠れている場合もありますので
しっかり点検してもらえる工場選びも大事だとおもいますね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント