またまたやってきた

前回ソレノイドバルブを交換したソアラが今度は冷感時エンジン振動で
入庫となりました。
症状確認すると確かに振動というよりも失火している感じです。
ここでオシロを引っ張りだし、2次波形を確認すると3番の波形が
異常でした。
確認のため点検していくとなんと


プラグコードが浮いていました!!
数年前にDにてプラグ、コードともに交換しているという事でしたが
いつからこの状態だったのかは何ともいえませんが、、、。
そして3番のプラグはこんな感じ。


付いていたプラグもはやりのイリジウムのため、白金に交換して
エンジン始動するもやはり3番が異常。
プラグコードを交換すると不具合もなくなり、波形もしっかり出るように
なりました。
今回は冷感時にみで、暖気後は失火の症状は出ていませんでしたが、波形では
ずっと異常な状態でした。
今までこの不具合がでなかった事が信じられません。
こういった修理では、やはりオシロが大活躍ですが、まだまだ使いこなせて
いないので、勉強あるのみですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント