アウディA6 AVANT 車検

車検で入庫のアウディA6。
今回はブレーキ中心の修理になりました。
冬にスキーに行く方は必見です!!
まずはフロント、リヤブレーキのローター、パット
ともに腐食がひどく交換となりました。


ここまで錆が進行すると、研磨での対応もできなくなるので
せめてシーズンオフ後はしっかりと洗浄する事を伝えました。
パットの当たりも悪くなり、ブレーキの性能が下がり危険です。

お次ぎはアッパーアームのジョイントのガタ。
本来は左右4本の交換が望ましいですが、今回は不良の右前のみ。
こちらも腐食がひどく、ストッパーになるボルトが錆び付き
分解に時間がかかりました。


不良のジョイントブーツは切れていて、ここから水分、ゴミが
入り、ジョイントのガタへとつながったという事です。


そして右アウタードライブシャフトブーツの亀裂。


ここは切れたまま気がつかずに使用していると、異音が出たときには
ジョイント交換と高額出費になってしまうので、点検で
亀裂があれば早めの対応がいいと思います。
このほかにも、いくつかの問題がありますが、
今後の使用状況に合わせて修理が必要な事を説明して
納車となりました。
10万キロを超えていますが、定期的に手を入れればまだまだ
いけますね。(ちょっと欲しい車種のリスト入りになりました)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント