ラウム スライドドア修理

以前から不具合相談を受けていた車両で今回の車検と
ともに左オートスライドドアの不具合修理も行いました。
症状は、助手席のドアが閉まっていると警告音がなり
オート機能がストップしてしまう、しかし助手席ドアを
開けた状態だとオート機能が作動するという事です。
このときは手動でも助手席ドア閉のときはスライドドアは
あける事ができません。
通常使用で非常に不愉快な、使いづらい不具合ですね。
今回の問題は、助手席にあるスライドドアロックが電気的に
解除できないという事がすぐにわかりました。
助手席を空けるときは、リンクにより機械的に解除できるため
ドアを開けるとオート機能が作動するということです。
ここでなぜ電気的にロック解除できないか?というところから
始まります。
オートスライドドアはユニットも有り、色々なセンサーも付いて
いるのでその辺りの関連部分の資料をDから頂いての診断になりました。
結果は特に問題なし。
そこで今度は、ドアロックに信号がきているのか?という事になります。
調べるときちんとロック解除の信号がきているので、ドアロックの
不良と判断して、交換に踏み切りました。


こちらがロックAssyになります。
色々な修理についても交換後、きちんと作動するか?
誤診ではと確認できるまでドキドキしますね。
結果は、作動良好、無事に直りほっと一安心です。
しかしちょっと遠回りしてしまいました。
Dに相談したらタッチセンサーでは?と大量の資料を頂きましたが
結局はドアロックの不良ということで、最初の症状確認のときの
ひらめきが足りなかったと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント