スバル インプレッサの点検

今回はまずは水漏れから。


サーモスタットのハウジングからの漏れ。
通常だとパッキンの交換で済ませるところですが
ハウジングがプラ製なので、ハウジングも交換となりました。
プラ製の場合、歪みがでたりして交換後再度漏れると
いうこともあるので、再修理防止も予て交換しました。
あとはリヤショックのオイル漏れ。


走行キロ数が少ない車両でも、漏れている場合も
あります。耐久性が落ちたのかな?
使用状況の変化も有るのかもしれないですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント