アルファード オートスライドドア修理

左のオートスライドドアが反応が悪く、力いっぱい
ハンドルを引かないと作動しないという事です。
当然、運転席からのスイッチでも作動せず。
しかし、一度作動すると問題がないと時間がかかりそうな不具合です。
まずは、内張りを外して点検していきます。


色々と点検、作動を確認しているとどうもリヤのドアロックがあやしい。
ドアノブを引いた時、リヤのロックが外れるのが遅いというか
スライドドアが浮き上がらないというか、、、。
そこでリヤドアロックの交換に踏み切りました。


結果、右側の作動と同様に軽い力で作動するようになり
運転席のスイッチでも作動するようになりました。
今後、増えてくる故障では?
ユニットやワイヤー、モーターが壊れると部品だけで5、6万は
かかります。 これはそっくり交換という事になっています。
便利な機能は壊れると高額修理になってしまいますね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント