ブレーキは大事です。

車種は忘れてしまいましたが、ニッサン車でした。
異音がするという事で、見てみるとパットの残量が
なくなりローターをちょこっと傷つけていたので
とりあえずパット交換とローター研磨。
研磨は外注なので、上がりを待つ間にキャリパーを
点検すると
右キャリパーのピストンがすごい錆



こうなってしまうと使用不可です。
中古のキャリパーを探して、O/Hしての対応になりました。



しかし最近はこういった作業が減りましたね。
一昔前は、走行距離に応じてキャリパーやマスターシリンダーは
O/Hするのが当たり前でした。
最近では、予防整備で手をつけるユーザーは減りましたね。

久しぶりだったので、4個中一個のピストンブーツが失敗し
やり直しをしてしまいました。
ワイヤーで固定するタイプは簡単ですが、
溝に入れ込むタイプは少々手間がかかります。
これ意外と細かく難しいのですよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント