こりゃーまいった。

点検で入庫の車両でしたが、パットの厚みがあるので
どこかで交換したようです。
でも当社では、キャリパーのスライドピンに給油したり
分解点検がモットーなので、通常通りに進めていくと


キャリーパーブーツが破れておりました。
これ、原因はパット交換時にピストンを縮めるとき
ブーツにエアなどが入り、膨らんでしまうのですが
そのまま組み付けるとパットとの間に挟まってしまい
破れるという、簡単作業の裏側の人的被害。
放っておくとここから水分が混入しピストンが錆び付くと
最悪な状態に進んでいってしまいます。
しかし、非常に多く起こりうる事です。
これは整備をするプロとしてやっては行けないミスですが、
年間で数件は確認できる事例です。
これは、ユーザーが全く知る事ができない事なので、
きちんと作業をしてもらいたいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント