エンジン不調なディスカバリー

エンジン不調なディスカバリー2。
点火系の不具合で、Dではプラグコード交換に
エンジン下しと言われたそうです。
そんな車はあるの?
ただ顧客じゃないのでやりたくないだけですね。
ひどい話です。
今回もなるべく安くという事で、まずはDS708でチェック。


ミスファイヤーが入っていますが、チェックランプは点灯していません。
まずはプラグのチェック。
電極がなくなっているのが8本のうち4本。



とりあえず、ご要望通りにプラグ交換するとエンジンは調子を取り戻しましたが
問題の2、3番の波形がいまいちです。
画像を撮り忘れてしまいましたが、プラグコードの交換が必要です。

しかしこの車両、インマニ脱着しないと交換ができないので工賃がかさみます。
よって今回もここまでで終了。
この手の車は、車検屋さんでの維持は厳しいと思いますね。
輸入車に乗るという事は、突然の不具合にも対応でき、常に車の状態を
把握して行くという事が必要です。
こんな事を言う私も買ったばかりのパサートさんに手を焼いています、、、。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント