WJ グランドチェロキー エアコン修理

エアコンの冷えの問題というより風が出てこないという事です。
ブロアの音は、風量の調整に会わせてすごい音がしてますが
風がほとんど出てこない状態です。
ほんのり出てくる風は、冷気を感じるので今回は風、風量が
なぜ弱いのかという事になります。
一昔前ではエバポレーターの詰まりによる不具合、最近の車両ですと
エアコンフィルターの詰まりによる不具合と考えられます。
今回の車両は、フィルターを使っていないので、エバポの詰まりが
疑われるので、そちらを確認するためにブロアモーターを外して
確認しましたが、特にホコリがひどいという事はありませんでした。
なんでだろう?とのぞき込んで見ていると、びっくり!!


内外気切り替えのフラップが破損して、ブロアの取り込み口を塞いでいるため
どんなにモーターが回っても入ってくる空気がないので風が出ないと言う事が
わかりました。
とりあえずフラップを通常の位置に固定してみると不具合は解消。


これは、内気循環の位置です。
問題は、この修理にはダッシュパネル脱着、エアコンユニット脱着、フラップ交換
破損したケースの交換と高額修理になります。
とりあえず今の暑さを乗り切る事と修理するか考える時間も必要なので
ない知恵を絞り、外気導入位置で固定する事にしました。


このまま乗るもよし、修理の際にも従来の修理行程でいける苦肉の策です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント