AK12 マーチのオイル漏れ

やっと損保の試験も終了したので、ブログを再開致します。

お題にあるマーチ、オイル漏れでの入庫です。
上から下から?か、結構漏れていまして多分駐車場の漏れ後で
気になっての入庫なのでしょう。
ぽたぽたと垂れるほどではなく、ある程度漏れたオイルが溜まって
下に落ちる感じです。

まずはタペットカバーのパッキン。



外してみるとカチカチです。


今回の車両も、プラグシールの部品設定がなし。
となるとカバーそっくりの交換となるので高額です。
ダイハツでもこういった車両がありますが、ニッサンも
酷いですね。
漏れないと思って作っているのでしょうか?


そんなお話は、置いといて、お次ぎはデスビOリング。
こちらは、久しぶりの作業です。



最後は、オイルパンかと思っていましたが、クランクプーリー
廻りのオイル汚れが、気になったのでプーリーを外すと
シールから漏れていました。



すべての処置が終わった後、エンジンオイルも交換して
洗浄後、漏れ点検で漏れがない事を確認して完了です。

今回の車両も、あまりオイル交換はしていない様です。
オイル交換のサイクルが長いとオイル漏れに繋がったり
色々な不調を招く事になります。
メーカーサイドでは、ロングライフなスタイルになっていますが、
オイル交換は、エンジンだけでなくミッション等、オイル管理して
いければ、車の調子も保つ事が出来ると思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント