ポロ ATオイル漏れ

点検での入庫です。
走行距離は走っていませんが、今回はオートマのオイルパンから
漏れがあったので修理することとなりました。



今回の車両は、パッキンではなくシーリングで取り付けです。
シール材を除去して、清掃してから取り付けますが、意外と
マグネットの汚れがありました。
ま、年数がたっていますので、。


奇麗にしていざオイル注入です。

今回はSSTとも言うべきポンプを使い、オイルもASHオイルを注入。
このポンプ、やっと出番がきたといった感じですね。



テスターにて油温を確認しながら、オイル量を調整して完了です。
レベルゲージがない車両は、オイル量の調整がシビアなので
日帰りは難しいですね
意外と知られていませんが、走った後すぐにオイルを抜いて
すぐにオイルを入れると温度管理が難しく入れ過ぎになったり
する場合もあるかもですね。
最近はATFの交換も温度管理が重要でテスターなしではできない
事もしばしば、、、。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント