ジャガーSタイプ ATFオイル漏れ

変速ショックが最近気になるという事で
お客さんに相談された工場からの入庫です。
外車なので、そこの工場ではできないと言う事で
助っ人的な感じですね。
私も今回の車両は始めてになるので、とりあえず
預かってみますとレベルゲージがない最近主流のタイプです。
以前に買っておいたジャガーの修理書にぎりぎり載っていた年式だったので
交換要領を確認していざ作業開始。
リフトアップすると、オイルパンから多量のオイル漏れ。


アンダーカバーもビッショリです。


ZF製のミッションでBMと一緒でしょうか?
こうなるとパッキンの交換だけでは不安なので、見積もりをお知らせして
OKがでましたので、オイルパン(ストレーナー一体)の交換となりました。
6万キロ走行でしたが、思ったより汚れはすくないです。
タイミング的にはいいタイミングだったと思います。



交換作業は簡単ですが、オイル量の調整にはテスターが必要です。
オイルの温度をモニターしながら


ミッション横のプラグよりオイルを入れていきます。


今回の車両は30度で50度を超えてはいけないという事なので
30度で油量を確認して試運転、漏れを再度確認して完了です。
最終的に8Lものオイルが入りましたが、抜けたオイルが3.5Lだったので
だいぶオイルが不足していたようです。
私の体感では変速ショックが和らいだと思いますが、あとはお客さんに
乗っていただき変化を感じてもらえば本当の意味での完了となります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント