軽自動車の車検

走行距離が多めな軽自動車の車検です。
まずはタペットカバーのオイル漏れ。
プラグの方にも漏れ始め、間一髪といったタイミングでしたね。



オイルパンからも漏れていたので、シールの打ち直しです。



そしてドライブシャフト。
インナーブーツからグリスが漏れています。


こうなると、バンドを交換してもブーツが固くなっているので
漏れは止まりません。
交換となる訳ですが、今回はアウター側も亀裂があり危険と判断して
インとアウト両方交換する事にしました。



何でも交換している様に写るかもしれませんが、事前にこういった
処置をすると高額修理にはならないと思います。
こういった不具合は、点検をしないとわからず、不具合があっても
普通に車は動きます。
これを知って乗るのか?知らずに乗るのか?
その選択権はユーザーにありますが、ぜひきちんと相談できる
主治医をみつけて頂きたいと思います。
そうすれば修理のタイミングや優先順位など相談しながら
愛車の維持が出来ると思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント