アルファード ヒーターが効かない

この寒さの中、ヒーターが効かないということです。
エンジンをかけて調べると、室内に行くヒーターホースが
暖かくならないので、まずはサーモスタットを疑います。
しかし、下回りをみると冷却水が漏れた跡があるので
見てみるとラジエターからの漏れでした。
今回は、サーモスタット、ラジエターの交換となりました。






サーモスタットは非常にやりにくくまた手が傷だらけになり
この冬の寒さは傷にしみますね。



交換後はフロント、リア共にヒーターの利きが良くなりました。
最近は温度の切り替えがバルブではなく室内でフラップモーターで
調整する車両が多く、テスターが対応していない場合もあるので
はまってしまう事もあります。
ちなみに今回の車両は、エアコン、ヒーターは当社テスターでは
診断できませんでした。  残念。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント