タント 納車整備

業者さんより納車整備の依頼です。
今回、雪国からやってきた車両なので
入念にチェックをして行きます。
まずは、走行10万キロと節目ですので
タイミングベルトの交換。



ウォーターポンプも交換と通常の手順で進みますが
エンジンをかけるまではいつも何故か緊張してしまいます。

お次ぎは雪国ならではの不具合のローターの錆び付き。


錆び付きが酷いので、社外新品で交換となりました。
新しいっていいですね。



締めは、右フロントのボールジョイントのガタです。
ジョイントとアームが一体なので、アームそっくりの
交換になりますが、ボルトが狭い上から刺さっているので
メンバー半分ほど降ろしての交換に。



ここまでやるならはやりのリジカラを入れてもいいのかな?
でも今回は片側だけなので危険部位の交換のみです。
お次ぎはどんな依頼がlくるのかな?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント