3B パサートワゴン オイル漏れ修理

今回は私の自家用車の修理です。
購入時からタペットカバーからのオイル漏れは
解っていましたが、購入直後のフューエルポンプの
故障と痛い出費があったので後回しにしていましたが、
最近暖房使用で、外気導入になり時折焦げ臭い匂いが
車内に立ちこめるため時間が空いたのでメンテナンス
する事にしました。


特にアウディのエンジンは、カムアジャスターが付いていて
タペットカバーのパッキンを交換する時はまずここからも
漏れている事が多いですが、なかなか手を入れる事がないのが
現状だと思います。
オイル漏れで、タペットカバーからの場合は、ぜひ同時に作業して
頂く事をおすすめします。
このパサートもアウディのエンジン供給なので当然付いており
しかもV型なので左右にあります。


狭くやりずらいですが、浮かせて交換できますので特に
難しい部類ではありません。
正規の交換手順ではありませんが、ここに付くゴムの半月のメクラと
プレートのパッキンを交換する事で、オイル漏れは止まります。
タペットカバーのパッキン交換だけでは、オイル漏れは止まりませんので
同時交換がおすすめという事です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント