プジョー206 点検修理

点検の結果や依頼事項を会わせると一気に修理と
いった感じになりました。
まずはタイミングベルト。
ウォーターポンプからも漏れた跡があるので
グットタイミングでした。


いつもですが、交換後無事に異音もなくエンジンが
始動できるとほっとします。
スタビリンクはガタがないので、国産のブーツで対応。


ドアの開閉時に異音という事で、ドアストッパーの交換を
したり


オイル漏れのCVTオイルクーラーの処置をして
オイルも交換します。


油温を確認しながら、油量を合わせていきます。


最後は、ウインカーやライトの点灯不具合で、コントロール
レバーの交換ですが、エアバックのセンサーと一体の部品なので
高額ですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント