ニッサン ティーダの車検

10万キロ走行のティーダの車検。
走行距離が10万キロと言う事で、
この後も安心して乗って頂ける様に手当を
して行きます。

まずはCVTオイルの交換。
あまり交換する事が浸透していないですが、ある程度の
走行で定期的に交換すれば、車も長持ちしますし燃費にも
影響すると思います。



抜いたオイルは結構な汚れでした。

フロントのパットも減っているのでこちらも交換。




距離を考えてプラグの交換も必要ですね。
最近のお車、プラグの点検が容易ではなく
値段もお高いです。
交換の目安は、走行距離だったり使用環境で
判断して不調が出る前に交換する様にしています。




最後に仕上げの時、エンジンから異音が。
暖まると多少音は気になりませんが、エンジンが
冷えている時に回転に会わせて音が出ています。
確認するとテンショナーのプーリーから。
今回、部品が変更になったようで、セットで細かい
部品も同時交換となっていました。




変わったのは、黒いプレートだけのようでしたが、、、。

交換後は、もちろんですが、気になる音はきれいになくなりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント