アウディ A4 車検 オイル漏れ

車検で入庫の8DABC。
今回のメイン作業はオイル漏れ。
どこからの漏れか洗浄後もなかなかピンポイントで
見つかりませんが、その中で気になる漏れ箇所が
ありましたので、まずはそこから手を付ける事に。
まずは右バンクのカムシャフトのカバーと
いうかプラグというか?といったところ。



ちょっと洗浄したので、あまり漏れていない様に見えますが、
観察すると滴がでるのでまずはここ。



このプラグ、結構固い素材の為、外すにも打ち込むにもスペースが
ないので、タペットカバーを外し、カムシャフトベアリングキャップ
を外しての交換です。
試運転後は、漏れが確認できないので、まずは一つ問題クリアです。

お次ぎは、ATFの漏れ。
オイルパンのパッキンからなので、ストレーナーと共にオイルも交換と
なります。

オイルパンは奇麗に清掃。



そこで、今回気が付いたのが配線のカプラー。



ベンツなどでは定番で漏れる箇所。
アウディの場合、オイルパンを外さないと交換できない構造なので
今回は同時に交換しました。
いままであまり気にしていない箇所だったので、今後はオイル交換の時には
同時に交換した方がいいと思いました。
ATFの注入はいつものポンプで。



私がおすすめしているASHオイルを注入し、規定油温でレベルを
合わせて行きます。

オイル漏れが完治した訳ではないので、今後も経過観察
していきたいと思います。
オーナーさんは、まだまだ乗り続けたいようなので、、。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント