オペル アストラワゴン エアコン修理

先日車検をした車両ですが、急にエアコンが効かなくなった
ということです。
スタンドでガスを補充してもらったようですが???
基本点検からいきますが、コンプレッサOFFでのガス圧は
問題ない様に思えます。
データーを確認しながら点検するとマグネットクラッチがON
しないです。  どうやってガスを補充したのでしょう?
そんな事はいいとして、今回はマグネットクラッチの問題です。






クラッチだけの部品設定が無く、いけてる電装屋のあてもなく
相談の結果、中古のコンプレッサーでの対応となりました。
通常は、レシーバーも交換しないと不安ですが、今回は何分低予算
いうことで、コンプレッサのみ交換してみました。
じっくりと真空引きをして、漏れが無い事を確認してガス充填。
結果はまずまずの冷えになりました。


中古部品ですので、保証はありませんのでご理解頂けないと
対応は出来ません。
今回はいい結果となりましたが、エアコン修理は高額になるケースが
多いので、問題の部品を交換してもガスをいれて作動を確認できるまで
安心できません。
中にはイタチごっこの様に部品交換が多くなるケースもありますので、
不調の場合は、なるべく早く直した方が、復活への道もお安くできるかも?
シーズン到来ですので、おかしいと思ったら早めの修理がよろしいかと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント