3B パサート オートマオイル交換

今回は、私の自家用車、パサートワゴンのATF交換です。
走行は7万キロ弱。
多分今まで交換した事は無いでしょうし、リセットも兼ねて
ある添加剤も注入したい事もあって、やっと時間が空いたので
今回の作業となりました。


輸入車の多くは、同時にストレーナーの交換も必要ですね。
オイルは思った通り、汚れていました。
鉄粉もそこそこ溜まってます。


温度管理でオイルのレベルをあわせて完了といきたかったのですが、
次なる不具合が発覚。
ドライブシャフトブーツが切れグリスが、、、。
これも定番の首根っこの切れです。


これでしばらくは安心して乗れます。
なかなか難しい事ですが、早期発見、早期治療。
車も人間も一緒ですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント