グランドチェロキー 点検

点検で入庫のグランドチェロキー。
点検と言っても、車検前整備の依頼なのできっちりと観て行きます。
走行も8万キロと走っているので、続きますが
プラグ交換です。

やはり端子は減っていました。
排気量があるとなかなか失火に気づかない事もありますし、
部品もお安いので、ここは定期的にやっておいた方がいいでしょう。
不具合があってからでは遅いので、今回の交換を提案し受け入れて
いただきました。



ついでにスロットルボディーも奇麗に清掃します。



そして今回の大仕事。
シャフトブーツの交換です。
完全に切れている訳ではありませんが、バンド部分からグリスが
漏れていました。
この車両の場合、ブーツがゴム製ではなくプラスチックのような
固い素材なので、バンドを交換しても全くの無意味になるので
グリスの入れ替えとブーツ交換は早めに行う事で二次的破損を予防します。



最後はフロントのフラッシャーバルブが色はげをしているので、
新しく交換します。



この色味で車検不合格になってしまいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント