ダイハツ ネイキッド オイル漏れ

車検で入庫のネイキッド。
オイル漏れが酷いと言う事が重要なオーダーです。
まずは通常通り、車検整備。
タイロッドエンドブーツが切れているので交換。



その他、リアのブレーキシリンダーのオイル漏れや
ワイパーゴムなど交換して本題のオイル漏れは洗浄して
漏れ箇所の確認をしていきます。
しばらく観察していくと、どうもタイミングケース内から
漏れているよう。
カム、クランクのオイルシール交換を了承して頂き分解。
走行は12万キロ。
タイミングベルトは交換済みという事でしたが、
今回、一番漏れが酷かったのがエキゾーストのカムキャップ。



手で取れちゃうグラグラというかしっかりシールできていない状態。
カムシールの交換の時は、プーリーの固定ボルトは要交換。
何でも普通のシール剤を塗っても漏れてしまうみたいです。



すべての作業を終え、漏れの確認をしていると今度はオイルエレメントの
ハウジングからじわりと漏れてきます。



ターボ車なのでパイピングを外したりと簡単には交換できませんが
なるべく無駄な部品の脱着をしない様に作業して。
再度漏れ箇所を確認して、治まったようなのでここで終止符を打ちました。
年式も平成12年、走行距離もまずまずといった車両ですが、
きちんと整備すればまだまだいきますね。
あまりオイル交換をしていない車両のようなので、今後もまた違う箇所からの
漏れなど出てきそうです。
オイル交換を怠ると、シールなどを痛めてしまうので最近のメーカー指定
よりも早めの交換がよろしいかと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント