ホンダ フィットの点検

こちらは業者さんの納車点検。
まずはベルト泣きが気になったので見てみると
テンショナーから出ているようです。
てかてかのデコボコ状態でしたが、新品は、
材質も変わったようでプラ製になったのかな?



お次ぎはドラムブレーキの肝、ここはしっかりと確認しないと
ここの錆や漏れ、点検や車検時などは今後どれぐらいいけるのかなど
管理させて頂いてる車両でも、年間の走行距離などによって
この状態は変わってきますね。



こういった箇所は、きちんと分解点検をしないと解らないので
走行距離での判断より、きちんとした点検が必要ですよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント