GSR50 エスティマ スパークプラグ交換

今回は、10万キロ近いのでスパークプラグの交換です。
最近主流のイリジウム。
その中でもタフということで、ほぼ点検、交換はされない事が
多いです。
それは何故かというと、交換が非常に大変です。
点検も容易くする事が出来ないは??です。

まずはワイパー廻りのパネルを外して行きます。



分解する部品が多いですね。



このエンジン、分解してみてると、奥側のバンク左の一番の
コイルがエアコンの配管が邪魔して抜けません、、、。
結局エンジンを少し持ち上げてやっと外せるといった構造に
問題大有りですね。
こういったいわば消耗部品の交換が、このような状態では
誰も交換しようとしないでしょう。

問題のプラグは、やはり固く外すのにちょっと神経を使います。



最近は、インマニを外すのは当たり前になっていますが、コイルが
抜けるスペースがないというのは考えものですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント