ダイハツ アトレー オイル漏れ

車検で入庫のアトレー。
今までの整備履歴を見てもあまり手が入っていない感じ。
点検するとまずはオイル漏れ。
プラグホールにオイルが入ってしまっています。



そしてプラグが外れずで、他の作業の合間に少しずつ緩め
やっと外すとこの状態で、良くエンジン不調がなかったと
思う状態です。



通常、今回のようなオイル漏れは、タペットカバーのパッキン、
プラグシールと部品代は安く修理できますが、今回の車両の場合は
プラグシールの交換が出来ないのでタペットカバーの交換と
部品代が高いです。




新しい部品は、仕様変更したようでプラグシールの交換が出来るタイプに
変わっていました。

その他にも諸々の修理箇所がありましたが、今回の修理でまた安心して
頂ける事と思います。
最近は、車検といえば値段競争になってきていますが、やはりきちんとした
点検整備でその車の寿命は大きく変わってきます。
これから消費税が上がったりと色々負担が多くなりますが、
しっかりとメンテナンスして行けば、結果的に修理費は押さえる事が
出来ると思います。  思っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント