BMW E46 エンジンチェック点灯

エンジンチェック点灯でアイドリングがハンチング
している車両の入庫です。
まずは、いろいろとチェックを兼ねてテスターを繋ぎましたが
今回、DS708は通信がうまくいかないので、久しぶりのX431の
出番です。
故障コードは、O2センサー関連。
センサー2が反応していないみたいですが、今回の症状とは
また別問題です。

こうなると実測値など見ながら、判断していく事になります。



ハンチングが起るときには、エアフロの数値が上昇して行きます。



このエアフロの不具合は、実際には交換してみないとなかなか
結果が見えないといいますか、判断が非常に難しいです。
今回も色々なデーターを見ながら、判断してエアフロ不良と決めました。
乗り換えの予定があるという事で、中古部品で対応し、交換後は
エアフロの数値も安定し、不具合は解消となりました。



エアフロの故障診断は、本当に難しいです、
今回の様にO2センサーのコードが入って、エア吸いやエアフロなど
無駄な部品交換をしない様に慎重に診断していすが、いざ部品交換と
なるとはたして治るのか?とドキドキしてしまいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント