ディーゼルエンジン不調

最近あまり入庫がないディーゼル車。
同業さんよりエンジン不調修理で入庫してきた2KDエンジンのトヨエースです。
故障コードは、EGR,EDUの不良といっていましたが、消去後再度入力がないので、まずは気になるエンジンの振れ、なんか一発おかしいところから調べていきます。
データモニターでは


2番インジェクターが最大値で固定。
アクティブテストで2番停止しても変化がないのでインジェクターがダメと判断して今回は19万キロ走行なこともあり4本リビルト品で交換します。



外したEGR清掃して動きをチェック。




交換後にID登録してエンジン始動すると冷間時のアイドルも安定し吹き上がりもいいので完了。
後は翌日の始動を確認すればOKのはずが問題発生。
朝一の始動が掛かるがすぐエンスト。
燃圧が足りないか上がらないのか?
漏れはない様なので??
データでは、クランキング中に燃圧が上がらないのが問題みたい。


色々調べてサプライポンプの初期化をすると燃圧もすぐに上昇し始動も一発となり一安心です。
これがダメだとまた高いバルブの追加交換となるところでした。
ディーゼルの修理も色々と面倒になってきたんですね。

最後に、インテークからクリーナーを注入して


やっとまとまり、勉強になりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント