V230 エアサス修理完了



先日、お伝えしたV230のエアサス修理がやっと終わりました。
配線や各バルブ、コンプレッサーと点検したが異常がなく
コンピュータの入力電圧も異常がないようだった。
残るはユニット本体となりますが、交換するには少々ビビッていました。
そこで基本的にコンプレッサが動いてバルブが開けばエアーは入るはずと思い
ユニットを外し、3つの入力箇所をアースに落としてみると正常に作動しました。
間違いない!!!これはユニットの不良だ!で早速中古部品の調達。
部品待ちの間、エア漏れの点検をするとクロスロックバルブ(左右にエアーを送るバルブ)
のホースジョイントからエア漏れ発見。
バルブ交換か?と思って調べると接続部のシールキットが出ているらしく
シールキットを交換すると、エア漏れはなくなりました。
中古のユニットも到着し、ドキドキしながら交換するとバッチリOK!!!
ふ~やっと治りました。
外車は部品代が高いので、交換するのにホントにドキドキします。
中古部品でも大体半値ぐらいはしますので、今回無事修理を終えてホっとしました。
(ユニット内部は腐食?のように白っぽくなっていました。ユニットの良否を判断するのは
いつも本当に苦労します。)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント